2018年5月4日金曜日

3D-GIF 作品展示 gloptin

2018年1月。池袋のライブハウス手刀にて撮影。

gloptinはソロドラマー。
ストロボ照明を持ち込むので(すげーな!)、カメラのフラッシュと組み合わせて長時間露光すると面白い写真になる。

カメラを落としてフィルム室が一瞬開いてしまった↑

使用カメラ
nimslo 3D
使用フィルム
フジカラーC200
 
なんか異常な値上がり、というかアマゾン直での在庫がなくなったから値段高いお店のみになったのか?

使用フィルムスキャナー
エプソンGT-F730
現行機種はGT-F740


2018年4月13日金曜日

revolog volvox film 使ってみた

ちょっと変わったフィルムrevologについて、以前にもこのブログに書いてましたが、
(このブログのラベル「revolog」の記事)
 なんか変な色になったり、テクスチャが現れたりするのですね。
今回は初めてrevologのvolvoxを使ってみました。
revologのサイト内volvoxのページ
http://shop.revolog.net/product/volvox
明るい緑色の大小ドットがランダムに現れる…

フィルムは36枚撮りで売ってました。
Kalimar 3D Wizardカメラで色々録ってみた。(Kalimar 3D Wizard このブログ2013.4.3の記述)
ハーフ3枚ぶんでワンテイクだから、24テイク撮れますね。revologフィルムはお値段高いから、少しでも多く撮るためにトイレ(暗室)で装填!おっと実家に引っ越したらトイレが暗室じゃなくなったぜ。でも一番暗い部屋かな。なのでやっぱりトイレで装填。

tha pino noirアルバムジャケ撮影のついでにお遊び撮影。
うーん、ダルマでスパークお手玉?
一番最初のテイクだからか、緑玉は少ないです。
端が赤っぽいのは感光してるからだと思う。トイレ装填にも限界がありますから。
もともと製品となっているフィルムになにか薬品を塗るかして効果を得ているようなので、最初と最後は効果が少ない、というのはありそうですね。

2テイク目
だんだん緑玉が大きくなって増える。
どーんときました!
浅草のやきとん屋さん
面白い効果ですねこりゃ!
ちょっと立体効果が薄れるのが難かなあ。
連写カメラでも面白いかも。

桜スパーク!

revolog volvoxフィルム。ロモグラフィーで買いました。
https://shop.lomography.com/jp/revolog-volvox-36exp-1pack?country=jp




2018年3月27日火曜日

UNBREAKABLE - 罪の都

昨年10月に撮影、12月に完成して、YouTubeにアップもされてたけどブログに書いてなかった!UNBREAKABLEのPV「罪の都」の紹介です。



YouTubeのコメント欄に昭和っぽいとあって、なるほどそうだなと言われて思ったり。
イントロもなんかアナクロっぽし、あまり細かく刻んだ編集でもないし。

ラップの歌詞を文字にして映像に乗せるというのを初めてやった(厳密には初めてではないんだけど、フォントやらエフェクトやらで表現の一端にするのは初めてやった)けど、それはクライアントからのリクエストがあったからで、こちらとしては半信半疑、どんなもんかなあと思ってた。でもやってみたらラップということもあるし、これはこれで効果的なようにも思えますね。もうちょっと効果的なフォント・エフェクトにできればなあと今にして思うのだけれど、自分の能力と時間ではこれくらいなのか。

撮影はおおむね1日のみ。単焦点レンズのみで撮影し、映像にエフェクトは極力かけない、そんなリクエストもあったのでそのようにしました。
エフェクトかけずに一定レベルの作品ができうるなら、それも本望ですからねえ。

使用レンズ
シグマの30mm

自分が買って使ってるのはもっと以前のやつですね。F1.4の30mmだから現在販売している中ではこのタイプになるのかと。でもオレのはもっと高かった気がする、いいなあ今からこれ買う人。

シグマ50mmマクロ
↑これはニコン用。アマゾンでちょっと検索したらキャノン用は中古しかないような。もう生産してないのかなあ。超お気に入りレンズなんですけど。




2018年3月26日月曜日

EOS 70D 2台をマイクロミニプラグ接続で同期

知人がEOS 70を持っている事に気づいたので、ちょっと借りて、自分の70Dと2台をマイクロミニプラグケーブルで繋いでみた

キャノンのデジカメのリモート端子がマイクロミニジャックであれば、ただ繋いだだけで同期することは、ステレオ写真撮影愛好家には知られているらしい。僕もなんとなく知ってたけど、やったことなかった。
70Dのリモート端子がマイクロミニなので、うむむ、これは、と思っていたけど、同期の精度についてはやってみなきゃわからんのでわざわざ二台目を買うのもなんだかな。そうだ、馬場君@sinkorswim4x5も70D持ってた!ちょっと借りてテストしてみた。

ケーブルはこちら、マイクロミニのステレオケーブル。オーディオ用のケーブルです。
ステレオオーディオ用の製品が写真のステレオに使えるのですね。素敵。
本当にただ繋いだだけで、片方のシャッターボタンにもう片方も反応しました。
ただ、同期の精度はどうなのかな?
他人のカメラでレンズが違うから、そもそもステレオ写真としてちゃんと撮るつもりはさらさらない。
自分としてはストロボの光を両方のカメラで捉えられれば、同期精度は充分高いと言えます。それをテスト。果たして片方のストロボ光をもう片方のシャッターで捉える事ができるのか。

シャッター速度1/100、絞りも同一にして、マニュアルフォーカス。
うむう、最初の20テイクのうち、ストロボ光が片方の写真に入らなかったのは1テイクだけ、 2テイクが半分明るくて半分暗い(シャッターが上下方向に動くからかな)、他はストロボの光を捉えていて、これって17/20が成功?充分に実用的じゃないか!!
と思ったのだが、次の10テイクは全然ダメ。続けるうちにちらほらと成功して、うーん、結局おおむね半分ぐらいかな、成功テイクは。
ちなみに、両方ミラーアップ撮影もしてみたけど、成功率はあまり変わらないような。
ストロボ光メインなら、シャッター速度はもっと遅い方が両方でストロボ光を捉えやすいかも。

サンプル写真はありません。ちょっと借りた…本当に10分とかそれくらい借りただけなので、人のカメラ、人のSDカードなのでテスト撮影した写真は消してしまったのです。「光ってる・光ってない」の判別だけなので、ステレオ写真ではないので、写真は残さなくてもいいだろうと。
言えば何日か貸してもらえるだろうけど、同じレンズじゃないとステレオ写真撮る気がしなくて。いや実は広角の同じレンズを馬場君も僕も持ってるんだけど、デジイチ2台だとステレオベースが長くなるので、やや望遠気味の方がいいと思うんだなあ。まあどこで何を撮るかにもよるけど。

このテストがうまくいくようだったら、いずれ中古で70Dをもう一台ぐらい買ってもいいかと思ってたけど、なんだか微妙だなあ。 成功率半分では、何度もやり直せるようなモノ・コト・パフォーマンスを撮るのでないと。
よくわかんないけど、成功するにせよ失敗するにせよ何枚も続く傾向があるから、なにか要因があるのかなあ。 

それと、ストロボの光を捉えてるというだけで、本当に実用的なほどに同期成功なのかはわからない。
被写体への光の当たり具合、光が当たるタイミングを同じようにとらえてるかどうかは、やっぱりレンズを同じにして、ちゃんとリグを組まないとわからないかな。


2018年2月3日土曜日

MINOLTA α-9 試し撮り

父が亡くなってその遺品の中に、ミノルタのフィルム一眼レフカメラ、アルファ9がありました。(このブログ2018.2.2の記述
決して玄人ではなく、普通に旅行で花などを撮っていたようです。
1998年発売のカメラだけど、父が買ったのは数年後だと思う。僕が実家にいた頃の記憶にあまりないので。
とりあえず、ちょっとそれを使ってみよう。

レンズはミノルタの100ミリマクロ。
雪が残っている近所で撮影。フィルムはフジのNEOPAN100ACROSS
自分で現像してるので、カメラやフィルムの性能を引き出しているのかどうか、やや疑問ではありますが。
フィルムスキャン時に自動補正もしてますし。
フィルムスキャン時に起因すると思われるノイズがありますが、ていねいに消すのが面倒なので、そのままにしてるのもあります。

露出は絞り優先オートで撮りました。雪景色だとどうかなと思ったけど、そんな真っ白でもないし、まあ露出はわりといい感じですね。
 レンズに少し汚れだかなんだかあるんだけど、逆光でもない限り大丈夫みたい。
レンズいいよこれ、たぶん。オレそんなマニアでもないけど、そんな気がする。
父はもっぱらタムロンのズームレンズを使用していたようです。普通に風景撮るなら100ミリってあまり使わないのかな。

で、自分はこのカメラとレンズ使うのか?ちょっと使ってみたくなってきたぞ。

これかな?このレンズだと思う。
ミノルタは一眼レフのオートフォーカスに力を入れていたようで、マニュアルフォーカスはとってもやりにくい。フォーカスリングを回す仕様にしてなかったけど、それもあまりにねえ、という事で仕方なく一応フォーカスリングを手で回せるようにしておいた、みたいな。

アマゾンで中古ボディも売ってました。確かに、レビューにもあるように、重たいですね。。

ホットシューが汎用タイプではなく、ミノルタ-ソニー型ってやつか?うーん、今持ってるストロボが付けられないなんて!X接点があるから使えない事はないけど、カメラ本体に付けたいとなると…
ホットシューの変換アダプターありました。


追記
ソニー純正のシューアダプター買ったけど、ダメだった、手持ちのストロボ光らなかった。ミノルタと形状・接点同じだろうと思ったけど、なんか違うのかな。


2018年2月2日金曜日

父が亡くなりました

父が亡くなりました。
あわてて実家に戻り、先日葬儀を終えて、ぐったりしているところです。長男なので喪主やりました。

しかしこうなる事はわかっていました。数ヶ月前から入院して、もう助かる見込みはない、ただその日がいつになるか。
どうにかコミニュケーションできていたのが、記憶と感情が千切れちぎれに浮かんで消えるようになり、たまに何か反応するだけになり、それが荒く息をするだけになり、亡くなったと連絡がきました。

こうなったら実家に戻るつもりでいたので、アパート引き払います。引っ越します。母親が心配なもので。
実家は千葉県野田市です。皆様今後もよろしく、と言いたいけれど、一段落してから創作活動に充てられる時間や意欲がどれだけあるだろうか。
実家は農家で、いや、農家だったけど、僕に子供がいて農業やると言ったとしても、これ全部いらねーだろ!という古い農耕機具プラスごみがいっぱいある。その他どうにか処分したい、すっきりしたいものがいっぱいある。アパート暮らしをしていたせいかコンパクト生活指向になっているので、(それにしてはアパートにいろいろ物がありますが) これから20年かけて「縮小」していくことになりそうです。そんな事しないで、いらない物がどっさりあるまま家が朽ちていくのもアリなんだけど、いずれにせよ先の事を思うと明るい気分にはなれませんねえ。
そんな事を思いながらの喪主だったので、かなりきつい日々でした。動いていればまだしも、じっと座っていると手がしびれて頭がくらくらして、車を運転してるとヤバいなこれって。葬式の前にオレも死ぬんじゃないかと思った。

さてこの先、「余暇」がどれほどあるのかしら。これまでの十数年、自分の創作活動は多方面にちょっとづつだったものが、段々と範囲が狭く、しかしようやく先鋭的になってきたのではないかと自分ながら思っていました。それがこれからどうなってしまうのか。

写真は父のカメラです。立派な一眼レフですが、ヘビーユーザーではなく旅行に行っては風景や花を撮っていたようです。
定年退職してからは、いろいろな趣味を始めて、おそらく飽きてやめていたようです。写真もそのひとつだったようで、最近はそんなに撮っていなかったのかな。フィルムからデジタルに移行する時期に、あえてフィルムカメラを買ってみたり。カメラにはぼんやりとあこがれていたのかも知れない。
僕はこの頃デジカメ派だったので、それもコンデジやレンズ一体型メインだったので、ほとんどカメラの話はしなかった。カメラ以外の話もあまりしなかったけど。
 
ミノルタのα9 縦持ち用のバッテリーグリップが装着されてて、けっこう重かった。いいお客さんだよなー。僕がいじくるにあたって、縦持ちグリップは外しました。本体の電池もある程度残っていて、どうやら作動には問題なさそうです。
写真ではミノルタの100ミリマクロが付いてますが、それは奥にしまってあったもので、あまり使ってなかったのではないかと。タムロンのズームレンズが装着してありました。100ミリは使いにくかったのかな。



2018年1月15日月曜日

スターウォーズのビューマスター

このブログでビューマスターのリール自作について書いていたら、検索でスターウォーズのビューマスターを発見。

買いました。
ベーダーマスク型のビューワとリール3枚のセット。
アマゾンjpではなくeBayで買いました。モノが19.62ドル、送料が5.79ドル。

ビューマスターは数十年前からある3D画像を見るためのおもちゃ。アメリカが本家なんだけど、最盛期には世界各地で売られてたと思う。
こうやって映画などとタイアップしたコレクターズアイテムもたくさんあるようです。
基本的に静止画像を見るだけで、音声はありません。音声付きのも一時期あったらしいけど、あまり流行らなかったようで。


スターウォーズ そんなものすごい好きってほどでもないんだが、このビューワーかっこいいな、と思いまして。

 カチャカチャレバーが動くし、箱の後ろに穴があいてて、店頭で見られるようになってるんだね。

1枚のリールに3D画像が7枚あって、だいたいリール3枚がセットで売られてます。これもそう。だから、21枚のスターウォーズ3D画像を見られる。
ところでRevenge of the Sithってエピソード3じゃなかったっけ?なのにSTORY2とは? Revenge of the Sithだけでリールが何セットもある?
画像見たけど、映画覚えてないからよくわかんないな〜。
 箱から出して見ました。もちろん。見るために買ったんだから。オレは物を大切にしまっておくコレクターじゃないんだから。
とても高精細で鮮やかで、いいです。これはいい。こんなちっこいフィルムなのに、細かいところまで見れるなあ。
しかし3D効果が…もうちょっと欲しいかなあ。
映画の3D版と同じ素材なんでしょうかねえ。だから視差がおとなしい?
ビューマスターで見るんだったら特に、もうちょっと立体して欲しいなあ。

アマゾンjpでAttack of the Clonesのリール売ってました。こちらはリールのみですね。
結局アメリカから送ってくるのか…