2017年12月15日金曜日

ビューマスターリール作成の追記 view master reel

2017.12.10前回の記述の追記です。

2枚の紙が張り合わさってるビューマスターの空(から)リールを無理矢理はがして、フィルムをセロテープで貼ってたのですが、本来は2枚のすき間にするするとフィルムを差し込んでもっとお気楽にリールを作成できるようになってる、そのためにすき間があるのですね。やっぱりそうなのね。

なので、すき間から差し込むやりかたをやってみた!
とは言え、専用カッターがないので、丁度いい大きさには切れない。やや大きめに切っておいて、だんだん小さく切っていって、ベストな大きさと位置を求める。
これがやってみたら難しい。

前回と同じように切っていてはまず入らないので、上下ギリギリに…まだ入らないか、もうちょい切って、もうちょい切って…これ、左右2枚で上下の余白を同じようにするのは難しいぞ。ていうかできなかった。
左右の余白も同じにするのは諦めた。切りすぎるとアウトだから、このへんでやめておこう、と。

結局、フレーム内における被写体の上下左右の微妙な位置と、傾き具合まで違ってしまった。
ビューワで見たけど、立体視できなかった。上の写真をぱっと見ても、左右の余白が違うのはわかるでしょう。これくらい違っても立体視はできるかな〜と思ったら、角度も違ってて脳が立体視を拒絶しました。

専用カッターがないとこの、本来の「差し込み方式」はまず無理ですね。

専用カッターがあったとしても
https://www.lomography.com/magazine/235973-the-meopta-stereo-35-aka-the-view-master-camera
によると、更に小さくトリミングする必要があるみたいなので、そんなに簡単には行かないんじゃないかな。

その昔、大勢?がチャレンジして討ち死にしたのは「専用カッターで切って」「すき間から差し込む」に固執したせいではないだろうか。
まあ自分は専用カッター持ってないので、どっちがどうとは言い切れないのですが、少なくとも現状では、リールをひっぺがして、セロテープで貼る方が細かい位置調整(と言っても肉眼と指先なのでさほど細かくもないのですが、無理なく立体視できる程度には調整できます)をやりやすいし、完成品にはそれなりの満足を感じます。時間かかりますけどね。

ちなみに、ビューマスター用のカメラと言ったら、View Master Personalというカメラあって、それはmepotaと違って斜めフィルムではない、当然カッターも切れる範囲も違うので、そっちはどうなのか、楽に差し込みマウントできるのか、わかりません。
https://en.wikipedia.org/wiki/View-Master_Personal_Stereo_Camera

View Master Personalと同じメーカーのView Master MarkII は斜めフィルムですね。ふーん

ちょっとかわいい感じもするけど、斜めフィルムって事は、実物はゴツいんだろうなあ。


2017年12月10日日曜日

ビューマスターリール作りました view master

これまでの歩み

meopta stereo カメラを買って
(このブログ2017.10.8の記述)
それがビューマスターリールを自作するためのカメラなので
空(から)リールも買って
(このブログ2017.10.21の記述)
リールとは関係ないけど露出計も買って
(このブログ2017.10.31の記述)
meopta stereoカメラのストロボ同期についての問題点なども気付いて
(このブログ2017.11.26の記述)

とっくに撮影も現像もしてたんだけど、時間がなくてリール作成まではしてなかった。
しかしようやく、今月初めのステレオクラブ例会に間に合わせるように、なんとかリールできました!

以前にブログに書いたけど、リールは紙の間に薄いスチールがはさまるように張り合わせれていて、ステレオクラブ諸氏によると、本来は下の写真のように剥がして使用するのではなくて、張り合わされてないすき間からフィルムをするすると挿入するものらしい。そうか、そうなのか。そんな気がしないでもなかったけど、専用カッターがないからそんなぴったりサイズには切れないよ。
ワタシは思いっきり剥がして、セロテープでフィルムを貼って、
また2枚のリール紙(および薄いスチール)を貼り合わせました。セロテープで。
両面テープでもいいんだけど、後々修正する可能性を考えると、剥がしやすいセロテープがいいかと。
実際、ステレオクラブで一部の人に見てもらいましたが、一組左右が逆だったのを指摘されました。私はぱっと見で逆視に気付かないステレオ弱者です。

できました。2枚も!
左右で写っているモノをできるだけ同じようにしたい、同じ範囲がフレームに入るようにしたい、上下だけでなく左右の位置調整もしたい、これはなかなか面倒です。そうじゃなくても面倒ですけど。
まあそれでも面倒なだけで難しくはない。難しいのは適切な距離、明るさで写真を撮る、効果的な写真を撮ることかなあ。
リバーサルフィルムちょっと高いしねえ。でも75テイク撮れるからなんとか、最初の1本でリール2枚できました。

さてビューマスターのビューワで鑑賞!
むう、わりといい感じ。立体視できるし、わりとクリア。光源に向けて見ると明るくて奇麗ですぞ。
撮ってるのはもっぱら近所の公園とかなんだけど、試作品だし、上出来!
リバーサルフィルムいいな!

いや〜「ザ・趣味」ですなこりゃ。

追記
フィルムをすき間から差し込む、本来のやり方
http://yhmv.blogspot.jp/2017/12/view-master-reel.html


使用フィルム フジカラーVelvia100


アマゾンでビューマスターで検索したら
トイ・ストーリー3 一万円はそそらないけど


スターウォーズ 5700円はありじゃないか?

2017年11月26日日曜日

meopta stereoカメラ ストロボ同期の問題とクローズアップフィルターテスト

もう2ヶ月近く前に買って、とっくにフィルム1本テスト撮影したのに、現像したのに、なんだかんだと忙しくてデジタル化できなかったmeopta stereoカメラの写真。

やっと今日、デジタル化できました。
いや、ビューマスターのリールにするのが目的なので、デジタル化は関係ない…はずですが、フィルムを切り刻んでしまうと後でデジタル化するのが面倒だからまずデジタル化しておこう、と。

そして、テスト撮影していくうちにわかったのですが、ストロボの接点がホットシューだとちゃんと同期しないようです。明らかにシャッターとタイミングが合ってない時がある。うーん、そんなカメラがあるのか。これは経年劣化なのか、壊れたのか、不良品なのか、そういうものなのか、よくわかりませんが。
しかしストロボ接続はホットシューだけではなくX接点とM接点がありますぞ。
X接点で接続してみたら、どうやらちゃんと同期するっぽいぞ。
まあ、もっとテストを重ねてみないとはっきり言えませんが、たぶんこれならよいかと。
あんまりかっこよくないからホットシューに付けるよりも脇におっ立てる仕様がいいかな。

で、ストロボと同期できない、とも知らずにいっぱい撮ってたので、フィルムの写りは惨惨たるものでして、特に残念なのはステレオクラブの9月の例会で撮ったのが全滅だった事です。
アンパンマンの上、あるいはまめっちの上と横にはステレオクラブ例会で撮った写真が…よく見るとうっすら何か写ってますね。あんなにバシバシ光らせたのに、ストロボが同期しなくて光量不足。残念な結果となりました。ここに謹んでご報告致します。

さてもう一つ、クローズアップフィルターでのテスト撮影もしました。
フィルター径は30mmですが、ステップアップリングを二つ重ねて43mmのクローズアップを付けました。
+4のクローズアップレンズって使った事ないけど、倍率が低いと遠くにしかピント合わなくて、画角が狭いのでより近くに合った方がいいような気がして。
接写撮影するのにふたつのレンズを使うつもりはさらさらなくて、一つのレンズで複数回撮影する方式なら、より近くを撮れる方がいいだろうと。

テスト撮影!ピントのヤマを知るテストなのでやや開け気味のf4で。
ちなみにストロボはワイヤレスで。この直前にホットシューでは同期しないと気付いたので…
このテストを一回やって、おかしいぞこれ、と。三脚立ててゆっくりシャッター押したら同期してないのがはっきりわかった。なのでX接点にしてます。

クローズアップレンズからお馬さんまで10cm
ロモインスタントのボディまでが15cm
ホルガのストロボ発光部まで20cm
Nishikaのロゴまでが25cm

けっこう近くまでピント合うんじゃないかと思ったのだけど…
Nishikaの「a」がピントぴったりですね。
むうう、そんなものか。
nimsloで似たようなテストをやった時は+2のクローズアップで45cmぐらいでピント合ったので(このブログ2013.5.28の記述)、20cmぐらいは余裕でいけちゃうだろうと勝手に思ってた。

あと、虎もフレームに入れたかったんだけど、入ってなかった。難しい。接写だとフレームわかんないからね〜。
デジカメでだいたい同じ画角でテストして…でも三脚ネジからレンズ中心の距離が違うから、そのへんも調整したつもりだったんだけどなあ。

クローズアップ +5とか6とかあるかな。
今回買ったのはマルミの+4
アマゾンではマルミ光機は+4までしかないような。
まあ、マルミにこだわるわけではないんだけど、マルミフィルターのケースがいいんだなー。割れないケース。でも今回のは割れるプラスチックだった。だからマルミじゃなくてもいいんだってば。

いきなりNo.10とかありましたけど、そこまでは求めてないような。

ケンコーのNo.5があった。52mmだけど、大きいぶんにはいいのかな。43mmだって大きいもんな。

今回仕様したフィルム
フジカラーVelvia100
ていうかもう、僕の予算で買えるリバーサルフィルムってこれくらいですけどね。

ビューマスターリール作りはまた後日。7テイクぐらいは普通に撮れてるのあるから、やりますよ。

2017年11月11日土曜日

revolog 460nm フィルムリトライ

以前にrevolog 460nmフィルムを使用して、思ってたより光量が必要なのでうまく撮れなかった事がありまして(このブログ2017.8.10の記述)、
また再挑戦してみました。

通常、長時間露光する時は露出オーバーになりやすいのでNDフィルターを付けるのですが、露出オーバーでもよさそうなのでNDフィルターなしで撮ってみました。
10月、渋谷ルイードK2にてthe pino noirのライブを撮ってみた。nimslo 3Dカメラ。
ざっくりフィルム特有のグラデーションについて言うと、明るさ応じて、白→紫→青→黒てな感じになるのではないかと。たぶん。
8月に撮った時は「青→黒」あるいはせいぜい「白→青→黒」だったのでまあ、今回はせっかくのフィルムを使った甲斐があったかも。
もちろんPCで色補正してますけど。

星だかアワだかのように見えるのはフィルムの効果ではなくて、長時間露光による効果と、ライブハウスの天井に何かあったんじゃないか、よく覚えてないけど。

露出オーバー気味でいいとは言え、普通にストロボ光らせて人物がくっきりしすぎても面白くない気がするので、ストロボHOLGA160用のハニカムグリッドを作ってみました。またこんな〜。

まーしかし、ストロボの光量はコントロールできても、環境光と露光時間がコントロール不能なので、あららら、どーなってんだこりゃ。


Lomographyのサイトから、revolog 460nmフィルムの紹介。
https://shop.lomography.com/jp/revolog-36exp-460nm-1pack


HOLGAのS160
今回はカラーフィルター外してます。


使用スキャナはエプソンGT-F730
現行機種はGT-F740

2017年10月31日火曜日

露出計を買ってみた exposure meter

自分がフィルムカメラでバシバシ写真を撮るようになったのはこの数年ほどなので、それ以前もフィルムカメラは持ってたけどあまり使ってなかったので、デジカメ人間になっていたので、まさか露出計を買う日がくるとは…

まあ、フィルムとかデジタルとかの問題じゃなくて、昔からそれなりのカメラには露出計が内蔵されてて、その場の光からほどよい露出で撮ってくれてたんですけどね。nimslo 3Dなんかもそうですね。
あるいは絞りもシャッター速度も固定で、光がどうあろうと露出を変更できないトイカメラはもう露出計関係ないですね。僕が持ってるのはどっちかなので、露出計は必要なかったのです。
こないだ買ったHOLGA(このブログ2017.9.8の記述)なんかは絞り・シャッター速度が固定だし。
nimsloは露出オートのみで調製できないし。
Nishikaは絞り可変だけど、3段階で一番明るくてもf8だからそんなに神経質になってもしゃーないし。
露出計って需要がないせいかそんなに安くないし、あったとしても参考値でしかないから、まあなくてもね…と思っていたら、meoptaですよ、meoptaステレオカメラを買いましたからね、(このブログ2017.10.8の記述) これは露出計あった方がいいな、と。

フィルムで撮ってもPCで見る、webにアップするのがほとんどなので、多少は暗すぎたり明るすぎたりしても、PCで補正できる、補正すりゃいいや、と思っていたのですが、だから撮影時に露出計は必須でもなかったのですが、
meoptaによるビューマスター用ステレオ撮影では、フィルムそのものを鑑賞するのでPCで補正できない。
さらに、ネガフィルムではなくリバーサルフィルムで撮影するのだけれど、一般にリバーサルフィルムはラチチュードが狭いと言われてまして…ラチチュードってのはある露出でどれだけの明るさ暗さの範囲が撮れるか、ということで、ラチチュードが広ければ明るすぎず暗すぎずに撮れるけど、ラチチュードが狭いと明るすぎ暗すぎになりやすい。
だから、リバーサルフィルムで撮影する時は、きっちり適正露出で撮らないといけない。PCで補正もできない。ネガフィルムの時のように「こんなもんじゃね〜か」と適当に露出を決めてはいけないのだ!たぶんね。

ちなみにリバーサルとは「逆転」という意味です。何が逆転かって、現像方法が通常とは別の「反転現像」という方式なので、反転現像用のフィルムという意味ですね。ふーん。
英語圏の人にしてみれば、お店にネガフィルムとリバーサルフィルムしか売っないってのは、紛らわしくて理解に苦しみますな。

買ってみました。セコニックの露出計。ツインメイト L-208
アマゾンで一番安いやつですけど。
露出計の基本的な使い方、何年も前に教えてもらったんだけど、忘れてました。難しくはなかったような…説明書読んで普通に使えました。

露出計と言えば白い半球が特徴ですけど、この露出計にはありませんね…あった、小さい半球。
控えめに出てるのが計測用の半球で、左側のもっと出てるヤツは動かすためのツマミです。動かして入射光式と反射光式を切り替えます。
露出計は入射光式と反射光式があって、白い半球は入射光式で使用します
露出計を被写体のすぐ前に保持して、半球をカメラの方に向けるのが入射光式。

ツマミを動かして、センサーらしいものをカメラと同じ位置から被写体に向けるのが反射光式

だいたい入射光式の方がきちんと露出を計れるようです。この露出計は入射光式・反射光式両方使えるのですが、白半球のミニミニっぷりからすると、入射光式としてはあんまりあてにしないでって事かしら。

でもまあ、スタジオ撮影ならともかく、ライブを撮ったりするなら入射光式で計れるわけがない。オレには反射光式で充分だろう。たぶん。
いわゆるスナップ写真、旅先での街角の写真などは反射光式でいいじゃん、しゃーないよね、というのが写真界での認識でしょうか。
今時は「露出計欲しいんだけど、反射光式でいいよ」って人はあんまりいないのかもね。

デジカメでテスト撮影!
meoptaでテスト撮影しないのかって?したけど今現像に出してて、受け取りが10日後なのだ。
フジのデジカメX10を持ってテスト撮影しました。
X10と露出計のISO設定をmeoptaで使用するフィルムと同じ「100」にして、シャッター速度もmeoptaと同じ「1/60」に設定。
露出計で出たf値でX10で撮ってみる。
ISO100 1/60s f8 露出計の数値のまま
ちょっと暗いかな〜。そもそも露出計君はフレームの中のどこを撮りたいのか、というのを知りませんからね。フレームそのものも知らないけど。
すこーし絞りを開けてみた。
同じ条件でf5.6
雨の有楽町 f2.8 露出計の値のまま
meoptaは絞りめいっぱい開けてもf3.5なんですけど、まあこれは露出計とデジカメのテストですから。雨で暗かったし。
f2.2

f2.8 露出計の値のまま

f2.2
曇り空や雨の冷たい空気感を出したいなら露出計通りのf値でもいいけど、おおむね少し余分に開けた方がいいような気がしますね。
まあ、X10のf3.5とmeoptaのf3.5で本当に同じ露光になるかどうか、わからんけどね。

ちなみにデジカメはリバーサルフィルムと同じようにラチチュードが「狭い」らしいです。


露出計は白い半球が特徴!

2017年10月21日土曜日

ビューマスターの空(から)リール買ってみた

meoptaのビューマスター用ステレオカメラも買ったし、(このブログ2017.10.8の記述)
これはいよいよビューマスターリールを自作しなければ。
eBayで空リールを買いました。
6枚で17.5ドル、プラス送料3.5ドル。一緒に1950年代のストックホルムの写真を収めたリールも買ったせいか、封筒ふたつで来ました。二つに分けた方が送料安いんですって。
切手が沢山貼ってあって、封筒捨てるのもったいないけど、たぶん捨てちゃうからせめて写真撮っておきます。

さて、リール1枚が厚紙2枚を既に貼り合わせたもので、これはつまり、一旦剥がさないとフィルムをセットできないよね。
めりめりっと剥がしてみた。すこし。
グレイっぽくなってる部分が紙ではなく薄いスチールで、そこが接着されました。うーん、これはもう一度接着しやすいように、紙ではない素材にしてるのかな。だから「一旦剥がして、フィルムをセットして、また貼る」でいいと思うんだがなあ。それしかやりようがないでしょう。

まだできませんけど。
なぜって、最初のリバーサルフィルムがまだmeoptaカメラに入ったままなのです。80テイク撮れるからね!
ここんとこ雨つづきで、外でぼんやり撮影ができんのです。meoptaステレオはf3.5まで開けられるから、昼間なら曇り空でも撮れるんだけど、リバーサルフィルムだから明るいなかで鮮やかな写真を撮らないともったいない気がして。

2017年10月9日月曜日

revolog rasp フィルム使ってみた

ちょっと変わったフィルム、revologの製品群…
このブログrevolog 460nmとTextureについての記述 2017.8.10
このブログrevolog Streakについての記述 2017.8.21

もうひとつ、使ってみました。revolog rasp

https://shop.lomography.com/jp/films/35mm-film/revolog-36exp-rasp-1pack

細いひっかき傷のようなラインが写り込むフィルム。
これは12枚撮りなんてケチな事言わず、36枚撮りだぜ。

鴬谷ワッツアップでのよしだ君企画イベント
nimslo 3Dカメラで撮影
細いカーブラインがいっぱい入るんですけど、ちょっとわかりにくいなあ。
LANDIE JOHN SON
これは普通に適正露出だと思うんだけど、revologの他のノイズ系フィルムと同じように、適正ではなく露出アンダーな方が効果が出るみたい。

VOTZCO
ストロボ光らなかった。あら効果的!

新宿JAMにてロクトシチ
これもストロボ光らないのが効果的

このフィルムも面白いけど、うーん、より効果的に使うには、主要な被写体でも明暗をはっきりさせたりとか、全体をぼんやりとアンダー気味にとか、ですかねえ。
これは明暗が分かれているので暗い部分でノイズがくっきりしている。でももうちょっと暗く撮りたいなあ。普通のライブ写真なら、近い被写体はストロボで白トビしててもいいじゃん、と僕は思うけど、このフィルムだと違うかな…

ちなみに後でPCで暗く補正してもラインが目立ったりしません。撮る時にどれだけ感光させないか、みたいですね。